« 2004年1月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

日下部重太郎『現代国語思潮 続編』

「kusakabe_kokugosityo_zoku.pdf」をダウンロード (22MB)
大正・昭和時代篇
 一、教育調査會と國語國字改善建議
 二、文部省の國語調査
 三、文部省調査の漢字整理案
 四、東京・大阪の大新聞社の「漢宇制限」發起
 五、臨時國語調査會の設置
 六、常用漢字と實用漢字
 七、假名遣改定案及び薪舊語法の對照
 八、假名文などの分ち書き
 九、「ローマ字ひろめ會」と「標準ローマ字綴りの主張」
一〇、「日本式羅馬字」と「新式羅馬字」その他
一一、ローマ字綴り方に付建白の事
一二、臨時・ローマ字調査會の設置
一三、假名説と新字説
一四、國字問題の前途
一五、國語の音聲と方言との研究
一六、補説

現代國語思潮續編附録
 一、現代日本の實用漢字と別體漢字との調査及び「常用漢字」の價値の研究
 二、第一期の音韻取調に關する事項  
 三、第一期の口語法取調に關する事項
 四、第二期の音韻取調に關する事項
 五、第二期の口語法取調に關する事項
 六、假名文字とローマ字との比較

日下部重太郎(1876-1938)のファイルは、 http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/kusakabe/にも、あり。

詳細目次
大正・昭和時代篇
 我が國の世界的地位
 國語の大展開

一、教育調査會と國語國字改善建議
 國語調査委員會の廢止
 教育調査會と國語問題
 言語文字の整理に關する建議案
 特別委員
 國語國字改善に關する建議案
 建議
 改善の方針
 實行の順序及び準備要領
 理由
 調査槻關特設の急務
 國語困難の根本
 日本文字改善の二案
 假名の優劣
 ローマ字の優劣亀)
 言語の發展とローマ字
 ローマ字と愛國心
 ローマ字普及の方法
 國家百年の長計
 改善實行の促進
 根本的改善
 特別委員會からの建議案の可決

二、文部省の國語調査
 文部省における國語調査
 調査事項と調査囑託者
 大震火災と國語文献

三、文部省調査の漢字整理案
 漢字整理案の發表
 整理の範圍
 整理の方針
 字畫の簡易
 運筆の便利
 字形の釣合
 小異の合同
 整理の細目十二項
 字典の部首部屬の少變
 標準字と許容字
 國字改良の一事業

四、東京・大阪の大新聞社の「漢字制限」發起
 教育方面と經濟方面
 新聞業の實際
 新聞業者の國字蓮動
 新時代の漢字使用法
 新聞社と發起人

五、臨時國語調査會の設置
 臨時國語調査會官制
 會長と委員と幹事
 中橋文相の挨拶
 調査整理の事項

六、常用漢字と實用漢字
 常用漢字の選定
 現代日本の實用漢字の調べ
 實用漢字の四等級と常用漢字との比較
 中等敷育及び高等教育の實用漢字

七、假名遣改定案及び新舊語法の對照
 假名遣改定案の發表
 保科幹事の説明
 假名遣改定案の要領
 改定案の精紳と例外
 國語法表記の新舊比較
 動詞
 形容詞
 助動詞
 新假名遣は國語法を亂すか
 代表的の賛否
 假名遣改定の賛否意見概要

八、假名文などの分ち書き
 國語のローマ字本
 分ち書きの必要
 假名文の分ち書き
 分ち書の討論
 國語の助辭と分ち書き
 國語教科書と分ち書き
 分ち書きと語相
 體言と助辭
 用言と助辭
 助辭の記し方の二潮流
 今後の一問題

九、「ローマ字ひろめ會」と「標準ローマ字綴りの主張」
 ローマ字ひろめ會
 標準ローマ字綴りの主張
 現代の標準音で綴る
 舊假名遣に束縛される面倒の有無
 現代の國語の性質を明かにする
 動詞變化の不劃一
 國語の發逹のため對外關係をも考える
 國民文化の精神に從う
 國語の發達に順應し將來も改正を加える
 標準式で綴る注意十項

一〇、「日本式羅馬字」と「新式羅馬字」その他
 ローマ字綴りの主張
 日本式ローマ字
 日本式主張の要旨
 日本式は五十音配列に據る
 反切と五十音配列
 日本文典と五十音配列
 連濁と五十音配列
 日本式に對する注意
 小川氏の新式羅馬字の要旨
 ローマ字の本質
 父字の單獨的用法
 假名式に囚はれず發音式であれ
 合理的な母音字ぬき
 片山博士の假名式ローマ字綴り方
 間宮氏のローマ字綴り方の研究
 言語學會の意見

一一、ローマ字綴り方に付建白の事
 鐵道驛名のローマ字綴りに付建白
 その理由書
 ローマ字綴りに付建白書

一二、臨時ローマ字調査會の設置
 臨時ローマ字調査會官制
 委員の任命
 委員の顏ぶれ

一三、假名説と新字説
 假名説の漑況
 假名改良の諸題目
 新字説の概況
 新國字研究の請顧書

一四、國字問題の前途
 諸説の優劣
 文字と言語との混同
 文字と思想との混同
 國字改良の眞意
 物には順序がある
 和漢の古學及び支那との交通
 讀み書きの難易
 不都合の持合ひで漢字節減
 新字説の見込
 假名とローマ字との優劣
 兩説の選擇
 假名説の主義
 ローマ字説の主義
 現代諸國語の盛衰
 わが國語の將來
 準備時期を要する事情
 イビー氏の説
 三上博士の説
 藤岡博士の説
 原敬氏の説
 準備時期における方法
 整理事業
 國字問題の種々相
 理想と理際
 國字問題の參考書

一五、國語の音聲と方言との研究
 江戸言葉から東京語へ
 標準語と方言
 方言研究の效果
 方言研究の方法と内容と書物
 標準口語法の書物
 方言取調の來歴
 音聲學協會
 音聲の研究書
 方言研究の機關
 一般研究と特殊研究
 各地方の文献
 東北地方
 關東地方
 北陸地方
 中部東海東山地方
 近畿地方
 中國地方
 四國地方
 筑肥地方
 豐日地方
 薩隅地方
 琉球地方

一六、補説
 馬場辰猪氏の國語論と國語法
 初期のローマ字綴り
 西園寺公とローマ字
 帝國教育會國字改良部のローマ字調査について
 臨時假名遣調査委員會關係の人々
 帝國教育會國字改良部の事
 口語文體の告辭の始
 口語文體の省訓令の始
 口語文用例集
 漢字整理期成會
 新聞社の用字凡例
 漢字制限の宣言
 諸官省用のローマ字綴りの事
 外國語の寫し方
 當字廢棄案例
 漢語整理案例
 地名を假名書きとした口語體の判決文
 言語學會のローマ字綴り方の意見

現代國語思潮續編附録
 一、現代日本の實用漢字と別體漢字との調査及び「常用漢字」の價値の研究
 二、第一期の音韻取調に關する事項  
 三、第一期の口語法取調に關する事項
 四、第二期の音韻取調に關する事項
 五、第二期の口語法取調に關する事項
 六、假名文字とローマ字との比較

2005年11月29日 (火)

『労働辞典』1928年

「rodojiten1928.pdf」をダウンロード(23MB)
初版は1926年。

吉沢義則『国語史概説』

 「yosizawa_kokugosigaisetu.pdf」をダウンロード(14MB)

目次
緒言
明治以後に於ける國語史參考書の主なるもの
國語史概説引用書目
一 假名の發達
二 音韻の發達
三 音韻の退化
四 歌語と文語
五 中古語の完成
六 近代語の發達
七 東西二大方言の競爭
八 概括

垣内松三『国語の力』

「kaito_kokugonotikara.pdf」をダウンロード (9MB)

安藤正次『国語国字問題を説く』

「andomasatugu_kokugokokujimondai.pdf」をダウンロード(15MB)

『韻鏡井蛙抄』

「inkyoseiasyo.pdf」をダウンロード(7MB)

田丸卓郎『ローマ字国字論』

「tamaru_romejikokujiron.pdf」をダウンロード(27MB)

山田美妙『日本大辞書』附録

「bimyoo_nihondaijisyo.pdf」をダウンロード(10MB)
ノーベル書房の複製にはない、「附録」部分。
「日本音調論」を含む。

村井弦齋「小弓御所」

muraigensai_koyumigosyo.pdf をダウンロード (12204.5K)
春陽堂 明治大正文学全集

村井弦齋「桜の御所」

「muraigensai_sakuranogosyo.pdf」をダウンロード(22MB)
春陽堂 明治大正文学全集

村井弦齋「小松嶋」

「murigensai_komatujima.pdf」をダウンロード(18MB)
改造社の円本『歴史・家庭 小説集』

南条文雄『懐旧録』

「nanjo_kaikyuroku.pdf」をダウンロード(21MB)
昭和二年 大雄閣

平凡社東洋文庫で『懐旧録 サンスクリット事始め』と題して出ているもの。

西村真次『随筆多角鏡』

「nisimura_takakukyo.pdf」をダウンロード(10MB)
 内容目次
第一篇考古眼
考古漫筆
 (一)駒下駄
 (二)黄楊の横櫛
 (三)土の鈴と青銅の鈴
 (四)直弧丈
 (五)土版と耳輪と印章
 (六)太古の米と近古の米
人類學エピソード
  (一)人魚
  (二)龍形彫刻
  (三)手宮洞穴の丈字
  (四)雷文の故郷
  (五)貝殻から母神
  (六)船の眼文様
  (七) 宗教上のシムボル
神判
拍手と署名捺印との交渉
古代の軍船
大祓は罪め清算
米と日本
震炎餘話
  (一)明暦の大火と安政の大震
  (二)淺草御門と被服廠跡
  (三)下町と山の手との害差
  (四)更に要求される人類の努力
忘れられない歌
  (一)琉歌
  (二)漢詩
年末年始に於ける各國の儀禮
  (一)緒言
 (二)原始的な暦法
 (三)年の始めはいつか
 (四)支那に於ける重要の儀禮
 (五)狩獵民衆の正月
 (六)太陽禮拜と暦との關係
 (七)クリスマスは冬至祭
 (八)寄生木と贈り物
 (九)メソポタミヤの卵合せ
 (一〇)結言
御用金  冥加金
 (一)自給自足政策
 (二)大名貸の歴史
 (三)寶暦、天明の御用金
 (四)天保の御用金
 (五)冥加金.總額二百六十萬兩
 (六)乳牛と富豪
江戸時代の犯罪
 (一)貰ひ子殺し
 (二)養子いぢめ
 (三)脅迫強請
 (四)平井權八と日本左衞門
 (五)新參いぢめ
 (六)僞男と僞女
歳末の三面記事
 (一)神罰覿面姦通の名裁個列
 (二)自警共濟團組織命令
 (三)趣端な儉約令
 (四)通貨の缺乏
 (五)御勘定役平林定之助の切腹
 (六)三分の金にも困つた大名
 (七)穢多の娘と出奔した公卿
 (八)年貢米の代銀から阿波騒動
 (九)歳末歳始の米相揚
 (一〇)醫師の供方の張請
南北の諸作に反映する辰巳情調・
 (一)はしがき
 (二)『心謎解色絲』
 (三)『謎帶一寸徳兵衞』
 (四)『曾我梅菊念力弦』
 (五) 結言
  第二篇 人、書、蟲
坪内先生の片鱗
文化史家としての圷内博士
藤島孝平君の追憶
悲痛な三週間の體驗
『極東民族』を讀む
『本居宣長』讀後感
土田杏村の『文學の發生』
『史學概論』を讀みて
『一目小僭』その他
窪田空穗の歌集『鏡葉』
兒童劇を觀て
縁の下にも知識の庫
蟻の習性觀察
蝉のいろいろ
秋の蟲
蟲の先祖
         第三篇.多角鏡
鳥語人性
   (一)音色の鑑賞三
   (二)ヤマガラ
   (三)鶯
   (四)蟲の聲
   (五)鐵瓶の音
   (六)日本精神
   (七)チャラエの日本魂
 (八)日本民族性
 (九)民族全體の把握
酒寃
 (一)醉夢
 (二)硝子か樂燒か
 (三)篁村と桂月
秋風裏病牀吼
 (一)秋に背いて
 (二)外人を壓すべく
命限り根限り
自著を樂しむ心
私の『三部經』
病、書籍、日本紙
 (一)餘り綺麗でない物語
 (二)手輕な書物
 (三)日本紙禮讃
彦九郎かちタイラァまで
欝憤蓄積主義
樹蔭漫筆
 (一)武藏野の殘片
 (二)北斗七星
外語と國家意識
軍紀、モナコ、風.紀
 (一)瀬川釆女夫婦
 (二)モナコ公國
 (三)風紀頽廢
美と回顧の松江
富士山回顧
六月の自然
讀書と著書
字引展望
言葉の穿鑿
直線型と曲線型
ラヂオ以前
貯藏慾から守錢奴へ
持ちつ持たれつ
 (一)相互扶助
 (二)生活網の擴大
 (三)怠け者と働き者
 (四)平亭等主義の失敗
顔の造作と手入
 (一) 卵面と馬面と重箱面
 (二)馬面と長頭
 (三)短頭.と卵面
 (四)古代的微笑
奢侈か節約か
母權時代の再來
 (一)街頭の統計
 (二)服裝から觀ても
 (三)男女何れが有利
 (四)女性支配の社會
蝉の聲
夜店の燈
織物の進化
平福百穗の戯畫
 (一)百鬼畫行の圖
 (二)釣つた/\
 (三)黄金發見史
瓢箪から船
椀貸穴
行基菩薩の大事業
パパさんママさん
鵜飼の謎
頬紅、唇紅、偕老同穴
掠奪か贈與か
手風琴
萬葉熱
日の子風の子
圓い頭、短い頭

2005年11月27日 (日)

平出鏗二郎『近古小説解題』

「konko_syosetu_kaidai.pdf」をダウンロード(25MB)
ひらで こうじろう(1869-1911)

福井久蔵『和歌連歌叢考』

福井久蔵『和歌連歌叢考』

「hukui_wakarengasoko.pdf」をダウンロード(32MB)

目次

第一編
 第一 和歌と國民文學
 第二 創作に對する古人の用意
 第三 歌境と歌材
 第四 歌の内容と形式
    (甲)叙景歌
    (乙)抒情歌
    (丙)叙事歌
 第五 歌集
    (甲) 縣居翁集と天降言
    (乙) 良寛
    (丙) 小澤蘆庵が六帖詠藻
    (丁) 景樹の桂園一枝及拾遺
    (戊) 加納諸平の柿園詠草
    (己) 大隈言道の家集
    (庚) 橘曙覽の集
    (辛) 野村望東と大田垣蓮月が集
第二編
 第一 和歌縱談
 第二 御大典と和歌 附年中行事公事題
 第三 元服に關する和歌
 第四 和歌の創作的態度並にその經過
 第五 枕詞の研究
 第六 爲兼卿和歌抄
 第七 歌苑連署事書
 第八 縣居翁の歌學に關して
 第九 本居内遠の歌格研究
 第十 前田龍澤公の歌學
第三編
 第一 分類句集に就きて
 第二 谷川淡齋翁の書入萬葉集に就きて
  第一 類證な古典その他より引きしこと
  第二 地名の考證多きこと
  第三 漢籍佛典を引きて説けること
  第四 語源語義は和訓栞に讓りて多く説かざるが如し
 第三 珍しき富士谷成章の家集
 第四 本居家の門人の集に就きて
   一 稻掛棟隆が集
   二 横井千秋の木綿園集
   三 戒言の露殘集
   四 須賀直見の蓬壺堂歌集
   五 萩原元克の殊音同歸
   六 提朝風歌集
   七 大矢重門が近體歌抄
   八  松平康定侯の集
   九  井伊直富侯の集
   十  三浦元苗の大澱松
   十一 村田春門が集
   十二 常久が花千首
   十三 敏夏が五玉集題百首
   十四 高尚歌集
   十五 田中大秀の集
   十六 伴信友の歌集
 第五 唯心房集
第四編 諸侯の和歌
 第一 伊逹政宗
 第二 保科正之の家集
 第三 蜂須賀光隆の里蜑集…
 第四 堀田正俊の五十首和歌
 第五 小笠原長勝の集
 第六 内藤左京太夫の集
 第七 徳川光圀の常山詠草
 第八 松平大和守直矩の詠草
 第九 南部重信の詠草
 第十 水野越前守忠邦の常侍集
 第十一 堀田正敦の水月詠藻
 第十二 戸澤正令の和歌
      附侯傳補遺
 第十三 前田利保の清薫集
 策十四 鍋島雲叟公の和歌
第五編 漢學者の和歌
 第一 和漢十題會
 第二 徳川初期に於ける鴻儒の和歌
 第三 中江藤樹の和歌
 第四 五井持軒の和歌
 第五 藤井懶齋の和歌
 第六 三輪執齋の和歌
 第七 雨森芳洲の和歌
 第八 荻生徂徠の和歌
 第九 龍公美の草廬和歌集:
 第十 湯淺常山の焚餘稿
 第十一 頼杏坪の唐桃集
第六編 僧侶和歌
 第一 見樹院立詮に就て
 第二 澤庵和術の和歌
 第三 元政上人の草山和歌集
 第四 竹庵遺稿
 第五 慈雲尊者の歌集
 第六 垂雲軒澄月
 第七 誠拙襌師歌集
 第八 仙崖和尚の捨小舟
 第九 今北洪川の難波のつと
 第十 福田行誡の釋教和歌
第七編 女流作家
 第一 哀文夫人の香玉詠藻
 第二 靈臺院夫人の詠草
 第三 正親町町子の如葉集
 第四 細川興里侯夫人の詠草
 第五 牧野侯夫人の花賀都美集
 第六 戸澤上總介正親侯夫人
第八編
第一 百人一首に就て
第二 明治三十六歌仙を評す
第三 日本文學に見えたる文學上の遊戲
  第一 漢字の構造を韻文の形を假りて説明するもの
  第二 假名の構造を形容して他の義を示すもの
  第三 漢字記載の上に於ける遊戲
  第四 韻文中に物の名を隱すこと
  第五 始めより物名を限定してこれな韻文中に詠み入れるもの
  第六 折句沓冠及び天地の歌
  第七 關係ある類語を作中に配り入れるもの
  第八 同韻の字を多く詠み入れるもの
  第九 一つの韻文中に同じ字を用ゐないもの
  第十 上から讀みても下から讀みても意味をなすもの
  第十一 前の句の末を取るもの所謂文字鎖の類
 第十二 ある音を共通にして多くの歌を作圖の形にあてはまるやうに詠むもの
 第十三 短歌俳句等の形式を用ゐて謎となしたもの
第四 蹴鞠と和歌
第五 馬と和歌
第六 羊と和歌
第七 鷄と和歌
第八 鷹と和歌
第九 雲井の庭の馬くらべ
第十 天覽御能陪覽記
第十一 島崎藤村論
第十二 式目論

附録
 索引


« 2004年1月 | トップページ | 2005年12月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31