« 高半・難徠學 | トップページ | 長野豐山・松陰快談 »

2006年6月28日 (水)

渡邊弘堂・字義辨解

字義辨解  二卷 寫本 渡邊弘堂著
 本書は性理字義及び語孟字義二書に傚ひて標目を掲げ、並河天民の説を述べ、附するに自見を以てせるものにして、所々に宋儒及び仁齋の説を擧げて批斥せり、享保八年の自序あり。著者弘堂は名は毅、字は孝恭、弘堂は其の號なり。初め伊藤仁齋に學びしが、後並河天民に師事し、天民とともに仁齋の説を辨斥す。寳暦十年に歿す、年七十二。著す所、論語臆、孟子臆等あり。
「08.pdf」をダウンロード

« 高半・難徠學 | トップページ | 長野豐山・松陰快談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2685/2408589

この記事へのトラックバック一覧です: 渡邊弘堂・字義辨解:

« 高半・難徠學 | トップページ | 長野豐山・松陰快談 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31