« 呉秀三訳注『シーボルト江戸参府紀行』 | トップページ | 尺牘道標 »

2006年6月17日 (土)

唐詩平側考

「tosi_hyosoku.pdf」をダウンロード

« 呉秀三訳注『シーボルト江戸参府紀行』 | トップページ | 尺牘道標 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2685/2252052

この記事へのトラックバック一覧です: 唐詩平側考:

» 唐詩平側考・詩語考附録 [うわづらをblogで]
唐詩平側考 三卷 詩語考附録 一卷 盧玄淳著 此書は、中井竹山の「詩律兆」と雙璧ともいふべき著書にして、彼は專ら律詩のみに限りたるも、此は律詩と古體とを併せ論じ、彼は漢丈を以てし、此は眞假交り文を以てせり、蓋我邦の詩人概ね聲律に疎にして、往々唐人の嚴禁する所..... [続きを読む]

« 呉秀三訳注『シーボルト江戸参府紀行』 | トップページ | 尺牘道標 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31