« 保科孝一『国語問題五十年』 | トップページ | 保科孝一『和字正濫抄と假名遣問題』ラジオ新書77 »

2006年7月30日 (日)

平山蘆江『長崎出島』

会話は長崎方言。ヅーフも「一体どうなるとですか」のような長崎方言を使うが、「「御先祖のお祭りをする、これ、本当に好い事です。」のような、外国人らしい話し方もする。

「hirayama_desima.pdf」をダウンロード

目次
蘭館十五夜
西役所秋風
異國壽娯六
どんごろす
唐人の喧嘩
蘭館會食
阿蘭陀冬至
母國の便り
出船の白帆
花のお江戸
二度の白帆
道富丈吉
二つの愛兒

« 保科孝一『国語問題五十年』 | トップページ | 保科孝一『和字正濫抄と假名遣問題』ラジオ新書77 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2685/2861785

この記事へのトラックバック一覧です: 平山蘆江『長崎出島』:

« 保科孝一『国語問題五十年』 | トップページ | 保科孝一『和字正濫抄と假名遣問題』ラジオ新書77 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31