« 伊藤東涯『間居筆録』 | トップページ | 尾藤二洲『擇言』 »

2006年7月 2日 (日)

五井蘭洲『瑣語』

瑣語  二卷  五井蘭洲著
 本書は學事史談、其他見聞の雜事を録し、且つ感想を述べたる者にして、警拔にして妙趣あり。下卷春和陽舒の章の如き、其感慨の一端を見るべし。中井竹山の跋に云、高卓瀟洒、警發の益多しと。適評と謂ふべし。所收本は明和四年の刊本による。
 著者蘭洲は大坂の儒者なり。名は純禎、字は子祥。其學程朱を以て宗とす。寳暦十二年に歿す、年六十六。非物篇、質疑篇、考槃堂漫録等の著あり。
「sago.pdf」をダウンロード

« 伊藤東涯『間居筆録』 | トップページ | 尾藤二洲『擇言』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2685/2472750

この記事へのトラックバック一覧です: 五井蘭洲『瑣語』:

« 伊藤東涯『間居筆録』 | トップページ | 尾藤二洲『擇言』 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31