« 五井蘭洲『瑣語』 | トップページ | 冢田大峯『隨意録』 »

2006年7月 2日 (日)

尾藤二洲『擇言』

擇言 一卷寫本 尾藤二洲著
 本書は理氣體用其他修養上の説を記せる語録なり。著者の小序に、感あれば輙ち記す、初を素餐と曰ひ、次を擇言といふ云云。素餐録の續編として、并せ讀むべきものなり。
所收本は明遠館叢書本を底本とし、外數種の寫本を參稽して校訂したり。
 著者二洲は伊豫の人、名は孝肇、字は志尹、昌平校の教官たり。其學程朱を宗となす。文化十年に歿す、在六十九。正學指掌、素餐録、冬讀書餘、靜寄餘筆等の著あり。
「takugen.pdf」をダウンロード

« 五井蘭洲『瑣語』 | トップページ | 冢田大峯『隨意録』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2685/2472795

この記事へのトラックバック一覧です: 尾藤二洲『擇言』:

« 五井蘭洲『瑣語』 | トップページ | 冢田大峯『隨意録』 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31