« 魯庵随筆集(上)・改造文庫 | トップページ | 尾崎行雄『近代怪傑録』 »

2007年1月21日 (日)

福地源一郎(福地桜痴)『懐往事談 附新聞紙実歴』改造文庫

懐往事談目次
第一
第二
第三 圓銀引替并通用の事情
   神奈川横濱の議論
   輸出入貿易 米麥 棹銅
第四 露国使節の渡来
   横濱にて露國海軍士官の暗謙
   外国掛御倒老中
   幕府の遣米使一節
第五 井伊大老の不人望
   井伊大老の横死
   洋學者流の擯斥
   外國人の地位危険
第六 外交困難の状況
   ヒユースケン氏の暗殺堀部正の自殺
第七 米國公使書記、甘殺害の葛藤
   高輪東禪寺英國公使館の
   兩港兩都開市延期請求の因由
第八 幕府三使が歐洲へ向て發遣
   幕使の延期談判及び日魯経界論
第九 唐太経界談判の結果
   幕使の歸路
第十 水野筑州の談話
第十一 生麥償金の一條
第十二 生麥一件の落着
     小笠原圖書頭上京一件
第十三 横須賀製鐵所設立の由来
     理事官の英佛使命
第十四 横須賀造船所設立の處理
第十五  歸朝より大政返上までの間
第十六  大政返上後の江戸
          前將軍家御着後の大坂城
第十七  大坂城中の歌況
等十八  大坂城立漫
          海路東歸
          江戸城中の評議
第十九 主戦論者の妄念井に上野戰爭
     幕臣が身を虚したる結局

新聞紙實歴 日次
 新聞紙を知得て欣喜の情を起したる事
 江湖新聞を發兌して筆禍を得たる事
 再び新聞記者たるの念を起したる事
 東京日々新聞の主筆と成たる事
 漸進主義を執たる事
 御用新聞記者と云はれたる事
 新聞事業の困難なりし事
 新聞記者并に校正の事
 新聞営業に利益ありし事
 政府の機關たらんと冀望したる事
 内閣諸公と疎遠なりし事
 日報社の組織を變更したる事
 帝政黨起仆の事
 官報發行の事
 官吏の冷淡なりし事
 新聞紙断念の事

解説(柳田泉) 【著作権残存で載せず】

「HukutiKaiouji.pdf」をダウンロード

« 魯庵随筆集(上)・改造文庫 | トップページ | 尾崎行雄『近代怪傑録』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福地源一郎(福地桜痴)『懐往事談 附新聞紙実歴』改造文庫:

« 魯庵随筆集(上)・改造文庫 | トップページ | 尾崎行雄『近代怪傑録』 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31