« 賀茂百樹『日本語源』 | トップページ | 福地源一郎(福地桜痴)『懐往事談 附新聞紙実歴』改造文庫 »

2007年1月21日 (日)

魯庵随筆集(上)・改造文庫

「RoanZuihitu_Kaizo1.pdf」をダウンロード
目次
蠧魚の自傳
偶書
古羅馬の圖書館
書庫瑣談
讀書は文化的享樂
本屋と著作者
 本屋と著作者
 江戸の戯作者と本屋
 江戸時代の本屋と著作者とは大抵朋友關係
 春水と馬琴の両端
 最近の本屋の自大は作者の自卑よりは資本主義的影響
 商取引化した今日の本屋對著作者干係
 本屋に頭が上らないよりは自づらから頭を下げる著作者の不見識
 博文館の一例
 老鶴圃と八尾新助
 本屋に毆られた唯つた一度の例
 本屋と著作者との關係は結局が報酬問題
 英國に於ける本屋と著作者の側面
 日本の本屋と著作者の現状
東西愛書趣味の比較
 (一)讀書家と蒐書家
 (二)東西蒐書の種別一覽
 (三)文献以前の金石
 (四)古寫經とマニュスクリプト
 (五)古版籍
 (六)江戸時代の軟派古書
 (七)第一版
 (八)Associated book
 (九)豆本
 (十)複製本蒐集
出版上の道徳
 稀書珍本刊行會に謝する疑惑を蓮ぶ
新著を閑却するはホントウの讀書家に非す
煙本
初めから珍本である雑誌
讀書放浪
 西行芭蕉の行脚生活
 讀書放浪
 我が家の讀書法
 出版界近年の大豊作
 十數年前の讀書界
 今の讀書界
 多忙なる讀書と批評の困難
 石塚氏の英文『法然傳』
 沼田氏の『日本紋章學』
 『長崎市史風俗篇』
 モンタヌスの『日本誌』
 姉崎氏の切支丹秘史二種
 『吉利支丹文學抄』
父魯庵を語る        (内田巌) (1953/07/17没)
「魯庵随筆集」新刊に際して (柳田泉) 著作権残存により、載せず

« 賀茂百樹『日本語源』 | トップページ | 福地源一郎(福地桜痴)『懐往事談 附新聞紙実歴』改造文庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魯庵随筆集(上)・改造文庫:

« 賀茂百樹『日本語源』 | トップページ | 福地源一郎(福地桜痴)『懐往事談 附新聞紙実歴』改造文庫 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31